オレンジ色の救世主、レビトラから改善するED

レビトラのジェネリック

Medicines

日本のクリニックでレビトラなどのED治療薬を処方してもらおうとすると、健康保険が適用されていないので結構な薬代を診察代と共に自分で負担をしなければなりません。
経済的に全額負担をする事が厳しい人も中にはいると思います。ですが、レビトラにはジェネリック医薬品が開発されています。処方されるものよりかは安価で購入ができます。
レビトラのジェネリックには、シプラ・ベルデナフィルといった様々な種類が存在しています。それぞれにはレビトラの有効成分であるバルデナフィルが配合されている表記しており、一般的なレビトラと同じ効果を期待できます。
様々あるジェネリックの中で、1錠を数百円ほどで購入できるものも存在しており、クリニックで処方されている1錠1,500円前後のレビトラと比べれば格安で購入する事ができます。
ですがジェネリックはクリニックなどでは処方してもらえません。なので、個人輸入を行うなどしなければ服用できないのです。
実は、レビトラはジェネリック医薬品の製造・販売される事が認められていないので、存在している事はありえない事なのです。つまり、世界に出回っているレビトラのジェネリックは正式に認可されていない治療薬なのです。
では、どこから出回っているのかというと、インドからジェネリックが誕生しているようです。一般的に医薬品は「製法特許」と「成分特許」と2つあるのですが、インドでは「製法特許」のみとなっています。
なので、製法さえ誤りがなければジェネリックとして販売が可能なのです。安価な値段で服用ができる事は魅力的ではありますが、購入する時には慎重に検討しなければなりません。

Copyright © 2016 オレンジ色の救世主、レビトラから改善するED - Design by Colombia Hosting